自筆証書遺言書の作成例

自筆証書遺言書の文例を作成しました。

自筆証書遺言書の例

自筆証書遺言書の例をPDFファイルで掲載します。

ダウンロードしてご利用下さい。

恐れ入りますが、再配布はご遠慮下さい。

PDF

文例の利用の仕方

文例中の黄色い空欄の箇所を、お客様(遺言者)や相続人、遺産(相続財産)の情報に書き入れれば、遺言書になるようにしています。

PDF文例ファイルの全文を、お客様が手書きで遺言書にする必要があります。

画面越しに模写して頂いてもよいでしょう。

PDFファイルを印刷の上、透かしながら筆記される方法もあります。

この文例では、2人の法定相続人を想定しています。

遺産(相続財産)は、不動産(土地と建物)と預貯金のみです。

遺言者の保有口座も一つです。

氏名欄には、法定相続人との続き柄も併せて記入して置くと、わかり易くなります。

「相続させる」遺言書です。

遺贈を考えておられる場合は、修正が必要です。

法務局による保管制度を利用する場合の、遺言書の様式

法務局による遺言書の保管制度を利用される場合は、遺言書の様式が追加されます。

主だったものを法務局の特設サイトから引用します。

実際に作成される場合は、お客様自身も、特設サイトの内容を熟読される事を強くお勧めします。

様式に合致せず、書き直しになる恐れがあります。

自筆証書遺言書保管制度

直接リンクです。2021年7月時点です。URLは変更になる可能性があります。

遺言書の用紙について

遺言書に使用する用紙の大きさはA4です。

A4は210ミリメートル×297ミリメートルの大きさになります。

白紙が望ましいです。

正確には「記載した文字が読みづらくなるような模様や彩色がないもの。一般的な罫線は問題ありません」とあります。

遺言書は電子スキャンされるとの事ですが、提出した原本も保管されます。

法務局の特設サイトの記述ではありませんが、コピー用紙などの薄い用紙の使用については、考慮したいところです。

百円ショップでも、ある程度の厚さをもった用紙が売られています。

商品表紙に紙の厚さが明記されているものもあります。

余白

それぞれ以下の値を上回る余白が必須とあります。

  • 上部5ミリメートル
  • 下部10ミリメートル
  • 左20ミリメートル
  • 右5ミリメートル

契印について

余白には何も記入しないとの事です。

特設サイトには記載されていませんが、契印はしなくてよいでしょう。

縦書きについて

記載からして、法務局の遺言書保管制度では、用紙は縦長での使用を想定していると思われます。

保管制度の特設サイトに掲載されている遺言書の記載例も、そうなっています。

遺言書本文は横書きです。

用紙を原稿用紙に見立てて、用紙を横長で利用し、縦書きで筆記する方法も日常的です。

遺言書の文例では、そのような書かれ方をされているものも少なくありません。

拘りがなければ、記載例に合わせた方が無難でしょう。

どうしても縦書きされたい場合は、一度法務局に問い合わせされた方がよいでしょう。

遺言書保管制度が利用出来る最寄りの法務局窓口は、宮崎地方法務局の延岡支局になります。

〒882‐0803 宮崎県延岡市大貫町1‐2915(延岡合同庁舎)

実際に遺言書を預けるには、事前予約が必要です。

予約方法について、現時点では、ネットを経由するか、利用予定の法務局の窓口に電話等をするようになっています。

両面に記載しない

財産目録も同様に、用紙に両面記載はできないとの事です。

ワープロ書きの財産目録の署名・押印についても、この保管制度では、印字面に署名押印する必要があります。

法務省:自筆証書遺言に関するルールが変わります。

ページ番号を記載する

遺言書が複数枚になる場合、現在のページ数と共に、総ページ数も分かるように記載します。

この場合も、遺言書をホッチキスなどで束ねる必要はなく、遺言書を封入する封筒も不要です。

遺言書や終活にまつわるお悩み事は、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

ヘッドフォンとノートパソコンを使用して、Web会議(Wherebyなど)で複数の相談者に応じる男性行政書士。

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。

Posted by 行政書士 吉永健作