遺言書の対象となる財産かどうか、新しいページを公開しました。

保有する財産が、遺言書の対象となるかどうかについてです。

公営住宅の使用権などは一身専属的な権利で、相続できません。

許認可については届出する事で引継げる場合があります。

生前贈与を相続財産から除外したければ「特別受益の持戻しの免除」を遺言書でして置きましょう。

その他は、遺言書に書ける相続財産です。

電子マネーやデジタル機器など、新しい資産も遺言書の対象となる財産です。

将来取得する予定の財産も、遺言書の対象となる財産です。

遺言書にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

ヘッドフォンとノートパソコンを使用して、Web会議(Wherebyなど)で複数の相談者に応じる男性行政書士。

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。

Uncategorized

Posted by 行政書士 吉永健作