宮崎県「建設産業における新卒者・若年者の採用」に関して

建設業許可 簡易診断シート

建設業許可 簡易診断シート あります。
ご不明な点は、お問い合わせ下さい。
シートのダウンロードは、こちらをクリック⏭️

2021年の宮崎県建設業許可業者向け研修会でも、県のご担当者から説明があった内容です。

令和3年度建設業者研修会テキストのp.163~165に「建設産業における新卒者・若年者の採用」に関するページが設けられています。

計3ページです。

職業系高校生の進路指導の流れ

2ページ目に、職業系高校生の進路指導の流れ(スケジュール)の例があります。

ボリュームは1ページとは言え、結構詳細に書かれている印象です。

私も普通科高校出身だったため、参考になります。

入学早々、進路指導を開始する職業系高校が多数との事です。

就職支援コーディネーター

3ページ目には問い合わせ一覧が掲載されています。

宮崎県内の各地域単位で「就職支援コーディネーター」が配置されているとの事です。

宮崎県の情報サイトも紹介されています。

就活生や学校と、早めの関係性構築

宮崎県建設業許可業者向け研修会では、以下の点を強調して述べられていたように感じました。

早い段階から、就活生や学校との関係性構築が重要との事でした。

  • 「就職担当の教職員は、必ずしも就職活動や個別企業の知識が豊富なわけではありません。」
  • 「3年生になると、実際の就職先を決めていく段階。」

建設業者研修会テキストからの引用です。

業界の魅力や自社を知って貰うために、早めのアプローチ(関係性構築)が推奨されている理由の一つと言えます。

時期や条件が合致すれば、学校訪問も可能との事です。

先述の「職業系高校生の進路指導の流れ」に、職業系高校の訪問に適する時期・適さない時期の紹介もあります。

訪問を希望される際は、先ほどの「就職支援コーディネーター」にご相談されるのも方法の一つです。

宮崎県外の企業とは異なり、地元企業は学校にも訪問しやすい環境と紹介されています。

近年はコロナ禍もあり、就職の地元(宮崎県内)志向の高まりも期待しているという内容です。

大学・高専等の就職活動の流れ(スケジュール)の紹介も、建設業者研修会テキストにはあります。

新卒者の採用で苦労していたり、自社の次世代を担う人材の確保を検討されたりしている企業は、是非テキストを入手して頂き、採用活動に役立てて頂きたく存じます。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

ヘッドフォンとノートパソコンを使用して、Web会議(Wherebyなど)で複数の相談者に応じる男性行政書士。

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。

建設業許可

Posted by 行政書士 吉永健作