直系尊属が相続人になるケースについてのページをまとめました。

直系尊属が相続人になるケースについてのページをまとめました。

直系尊属が相続人になるのは、被相続人にお子様がおられない場合です。

お子様には被相続人の養子も含みます。

お子様が被相続人により先に逝去された場合は、被相続人のお孫様が代襲相続するケースもあります。

遺言書で子供を認知していないかの確認も必要です。

遺産分割協議や窓口における手続きでは、相続人を漏れなく戸籍謄本等で確認する必要があります。

お子様やお孫様などの全員が対象です。

直系尊属は代襲相続しません。

父母の双方が被相続人より先に逝去していれば、祖父母の生死の確認が必要です。

戸籍法の改正は少なくなく、さかのぼる期間が長くなれば、その分、確認作業も大変になります。

相続手続きや遺産分割協議書にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。