遺産相続手続きを放置するデメリットやリスクについて、まとめました。

遺産相続手続きを放置するデメリットやリスクについて、まとめたページを公開しました。

相続税の申告、家庭裁判所での相続放棄などの手続きには期限があります。

遺産の目減りも考えられます。

  • 他の相続人が債務の弁済に当ててしまう。
  • 遺留分を侵害されたまま、相続手続きが進む。
  • 貴重品などの転売される。
  • 不動産を勝手に共有登記されるなどです。

不動産が共有になると、処分が困難になったり、共有者が家族以外の第3者に変わったりするリスクも伴います。

戸籍の附票の保管期限は5年です。

時間が経つほど、遺産にまつわる権利義務も複雑化します。

遺産分割協議が難航するリスクがあります。

難航している間に相続人が逝去すれば、数字相続となります。

改正法が施行されると、相続未登記が罰則化されます。

相続手続きや遺産分割協議にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

ヘッドフォンとノートパソコンを使用して、Web会議(Wherebyなど)で複数の相談者に応じる男性行政書士。

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。

Uncategorized

Posted by 行政書士 吉永健作