消防施設工事業についてまとめたページを公開しました。

消防施設工事業についてです。

消防施設工事業についてまとめたページを公開しました。

消防施設工事業の建設業許可取得率は高くなく、29業種中26番目です。

建設業許可事務ガイドラインでは、消防施設工事と重複するその他工事との区分の考え方が示されています。

消防施設工事の専任技術者には、実務経験でなる事もできます。

消防法第17条の5の規定により、一部の工事を除いて消防設備士でなければ工事できません。

消防施設工事業の建設業許可業者数は、若干ながら減少しています。

消防施設工事業の元請完成工事高は、民間工事が8割近くを占めています。

公共工事の元請完成工事高のウエイトは低いです。

バラつきも小さいです。

他の工事の附帯工事で消防施設工事が施工されている事も考えられます。

建設業許可にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

ヘッドフォンとノートパソコンを使用して、Web会議(Wherebyなど)で複数の相談者に応じる男性行政書士。

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。

Uncategorized

Posted by 行政書士 吉永健作