遺言書作成と健康状態にまとめたページの続きを公開しました。

健康状態が悪化してからの遺言書作成には、どのようなリスクやデメリットがあるでしょうか。

遺言書作成と健康状態にまとめたページの続きを公開しました。

遺産相続の代わりに、配偶者の扶養や同居を頼む事が考えられます。

遺言書にするに当たって、事前に相談したいところです。

電話では難しいかも知れず、訪問などするとなると、健康な内が望ましいでしょう。

財産目録の作成作業も、健康な内でないと大変です。

不動産が複数あり納税通知書もバラバラ。

貴金属の価値も分からない。

金融資産も多いなどとなると、整理する気力も湧かない恐れがあります。

遺言者の健康状態によっては、本人の意思による遺言書作成が難しいなどで、外部の専門家への相談や利用が難しくなる恐れもあります。

特にコロナウィルス感染症で病院等での面会も制限されれば、尚更です。

遺言書にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

Uncategorized

Posted by 行政書士 吉永健作