遺言書作成と、健康状態に関するページを作成しました。

遺言者の健康状態が悪化してからの遺言書作成は、以下のようなリスクが伴います。

考えられるリスクについて、まとめたページを公開しました。

遺言書の内容に家族や周囲から疑念を抱かれるリスク。

そのせいでトラブルに発展するリスク。

自筆証書遺言は自筆での作成で、負担が大きいリスク。

遺言書の加除訂正が不適切で、遺言書が無効となるリスク。

施設に入所などしていたら、周囲や行政、専門家への遺言書の内容に関する相談が難しいリスク。

健康状態の悪化で行動が制約され、書店や図書館などに遺言書にまつわる書籍の入手も困難になるリスク。

そのせいで、準備が不十分な遺言書になるリスク。

遺言書にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。