遺言書と戸籍に関するページを公開しました。

被相続人が死亡したら、戸籍を集めます。

遺言書や相続手続きと、戸籍の関係についてまとめたページを作成しています。

戸籍を証明するものを戸籍謄本や抄本といいます。

戸籍が電算化される前の改製原戸籍や、戸籍の構成員が全員異動して使われなくなった除籍謄本もあります。

戸籍は夫婦を単位に編製されています。

戦前は家が戸籍の単位で、戸籍の筆頭者は戸主と呼ばれていました。

戸籍は本籍地の市町村が管理しています。

戸籍謄本は住民票ではありません。

自筆証書遺言書の家庭裁判所での検認、法務局による遺言書の保管、遺言執行者、遺産分割協議の各場面で戸籍謄本等が必要です。

戸籍謄本等を使って、法定相続人の全員を把握します。

戸籍や遺言書にまつわるお悩みは、宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

相談受付します

お忙しいと申請や行政手続きを諦める前に、まずはお電話でご相談下さい。

📞0982(95)0874

【受付】9:00~18:30

【運営】よしなが行政書士みやざき事務所

【担当】吉永

無料Web(ウェブ)相談 受付中

自己紹介も兼ねて、無料Web相談を受付します。

大抵のスマートフォンやウェブブラウザでご利用頂けます。

当日受付も可能です。

まずはお電話などでご予約下さい。

メールフォーム

メールによるご相談やお問い合わせも、随時受付ております。